ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

生命は同じことを繰り返すことを基本とする


朝起きる
お腹がすいている
トイレにも行きたくなる


どの一日も
朝起きて食べて出して夜寝る
このように総括できるので基本は同じだ
一生も
生まれて動いて死んでゆくという基本は
どんな英雄も私も同じだ


昨日とは違う今日ではあるが
たいていは同じようなことをしている
ただ
昨日と違うことに意識がむいているから
昨日とは大いに違って見える


カエルの子はカエル
それでも
たまに
トンビがタカを生む


昨日より少し違って
いいことがあると嬉しいし
昨日とは少し違って
不都合があると悲しい


一生のなかでひとつだけの今日
一日一日それぞれ違う意義があるのだけれど
人はそれを比べたがる
オンリーワンでいいじゃないか


そう考えることもできるのだけれど
基本的に同じような日が繰り返しているのだから
何が違うのかのほうに意識が向く
基本的に同じような生き物がたくさんいるから
何が違うのかに意識が向く


そして
そのわずかな違いがもたらす
その後の違いに注意が払われる
有意義な違いであるのか
無意味な違いなのかが見極められる
有意義な違いを虎視眈々と集めるのが
技術の集積だ


カエルの子がカエルでいるよりも
トンビがタカになるほうが良い


そう思うように
人間は設計されているらしい


そんな改良を積み重ね
ずいぶんと住みやすい環境を整えてきた
心地よい部屋
心地よい家
快適な住環境


ひとりだけの力ではない
歴史の中で小さな力を集積して
大きな力になってきた
人の力を超えた超人は
集団と継続の成果の象徴なのだろう


なんにせよ
人には
同じようなものの中から
都合の良いものをかぎ分ける力がある
そして
それを記憶して
明日に活かす力がある


今日と同じ明日と
今日と違う明日が頭の中で交差する
そして
末永く明日が続くよう
基本、同じことを繰り返す



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。