ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

持続的継続と一過性の軽率


大きな畑を
小さな人が耕している


畑の淵には菜の花が咲き
遠方には
まだ雪を残した山脈が連なっている


農業体験ができる施設がある
一日だけ
風に吹かれ
つちぼこりに紛れ
農家になる


一日だけというのがいい


土を耕し
タネの蒔き
雑草と戦い
収穫をする
これを
繰り返す
飽きてもなお繰り返す
このような
永遠に続くかのような
繰り返しのなかの
ほんの一日を
体験させてもらい
翌日には
きれいさっぱり忘れる


続けていく中でしか
感じることのない苦労や苦痛はない


継続は力なり
というか
継続するから力がある


途中で投げださない


それが何にせよたいへんだ


ーーーーーー
メモ


でたくない会議のある日


報告しにくいことを
報告しなければならな日


その場所へ行くことが苦痛だ


それでもそこへ行き
務めを果たす


継続にはこのような苦役がついて回る


やりたいことをするのにも
どことなく苦役が忍び込んでいる
やりたいことが好きだから乗り越えられる苦役である


それ程やりたくなくても
ちょっとだけ体験するのは
こんな苦役がないから楽しい


苦役があればやめればいいだけだ


旅の恥はかき捨て


失敗し
嫌になってやめても
所詮一過的なことだ


継続しなくても良いことは
無責任に楽しめる


ありがたい時間だ


ありがとうございます






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。