ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

存続する機能たち


存在するものは
今存在する


今存続し
かつ
過去にも
未来にも
存在するものは
存続するものである


存続するものは
安定して変化しないものであるか
変化しながら同一性を保持しているかである


生命は後者に属する


確保したエネルギーを使い
元に戻る機能を集積したシステムだ


ドミノ倒しのドミノの一つ一つが
倒れたらすぐ起きる機能を有していると
同じドミノ倒しの変わりゆく風景を
繰り返し楽しめる


ひとつのドミノは
倒される
起き上がる
また倒される
これを繰り返す


私の心臓はしぼみまた膨らむ


始まりのドミノが
最終のドミノによって倒されるようにしておけば
ドミノ倒しが輪廻する


起き上がる仕掛けが肝心だ
エネルギーの確保が必要になる


植物の場合、太陽から
動物の場合、他の生き物から
エネルギーは得て
持続可能な機能システムを形成している


経済の場合
利益がエネルギーだ
このエネルギーを
次の経済活動に利用する余裕があれば
「貧乏暇なし」でも存続する



自然に流されながら
得たエネルギーを使い
流れに逆らうかのように同じ場所に留まる


とどまるためにもがく


地球から離れながら落ちているお月様のように
戻された分を前に進み、ここにいるのだ


少し違うこの場所に戻ろうと
大きく前に進むのだ



ーーーーー
メモ


この場所に戻るために働いている
そんな場所が家だ


仕事場に戻るために家がある
こんなこともあるだろう


自分らしさに戻る時


嬉しい時間だ


ありがとうございます



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。