ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

生物学はリバース・エンジニアリングである


美味しいと思うものがある
美味しそうな匂いがある


逆に
不味いものがあり
不味そうな匂いがある


薬のように
不味いと思いながら
我慢して口に入れるものもあるけれど
たいていは
美味しそうなものを口に入れる


味はへら
匂いは鼻で知覚する


栄養を取るのは消化管だ


これらの臓器がうまく連動して
栄養を取るようにできている



様々なホルモンが体内を循環し
身体の状態を調節している


ホルモンはホルモン分泌機関で合成放出され
作用部位でホルモン受容体に結合する


ホルモンとホルモン受容体が
うまく結合できるようにできている



極楽鳥の雄が求愛ダンスを踊ると
極楽鳥の雌がそれに反応する



別々の存在が
出会い反応するように設計されている
この設計をリバース・エンジニアリングするのが
生物学だ


様々な仕掛けがあり
様々な生き物が生き延びている



工業製品は
様々な試行錯誤の上に設計される
失敗の連続の末の製品化だ


製品化されたものを分解し
「ああ、なるほど」と
その合目的性の見事さを認識するのが
リバース・エンジニアリングだ


背後にあった失敗の連続は
推測しかできない


失敗作は残っていないからだ


リバース・エンジニアリングとは逆に
創造するエンジニアリングは
失敗から学んでいる
だから
創造的なのだろう


「失敗、万歳!」である


ーーーーーーー
メモ


ビリヤードの球を打つことと
ビリヤードの球を打ちポケットに入れること


この両者の差は何か?


ポケットに入れるという目的の添付だ


目的が増えると
偶然性を必然性に近づける努力が必要になる


このような努力を
何十億年も続けてきたのが
生命だ


すごいことだ


「失敗、万歳!」である
すごいことだ



ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。