ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

排除機能によるシステムの効率化


畑を耕すこともなく
野菜を食すことができる


分業社会の成果だ


無論
この恩恵にあずかるには
資格が必要だ


社会の同胞である必要がある
同胞であり
なにがしかの役割を
社会の中で負っていなければならいないだろう


権利と引き換えに
義務を負うのだ


義務を負わず
権利を得ようとする者には
罰を与え
社会に秩序を与える


コストに対する
ベネフィットが最大化するためには
ベネフィットの浪費を排除する戦略が生じるからだ


金銭は
このような権利と義務のバランスをとる道具である
と同時に
義務を免除する道具となった


しかし
義務を負うことをお金で免除を受ける人は
そういう人とみなされる


原則は
義務を負い権利を取得することなのだ


自分ではない何かのために
役立つために苦労をすること
これが
社会への参加資格だ


ーーーーーー
メモ


癌は日々生まれている
ところが
たいていのがん細胞は免疫系に攻撃されて消滅する


無駄を排除する機能が
高度に発達したシステムには備わっている


排除によりシステムが効率化するのだ


宗教も排除により
他の志向性を排除することにより効率化する


政治も排除により
他の志向性を排除する傾向がある


小集団も洗練されていく過程で
その集団にとって不都合な志向性を排除してゆく


夢に向かって邁進する私は
その夢に不都合な志向性を持つ私を排除する


排除しきれなければ中途半端になる


中途半端が良いのかもしれないが
特徴は小さくなるのだろう


ありがとうございます






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。