ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

死は命の制御から自由になる過程である


死ぬと
ただただ
物理法則に従う物体となる


いや
生きている時も
物理法則に従っているのだから
死んでから
はじめて物理法則に従うわけではない



では
生きている時と
死んだ時の違いは
なにか?


制御され統制された物質秩序の有無が
ひとつの答えだ


統制された秩序から脱し
自由にふるまう物質が増えることにより
命であった物体は崩れてゆく


うまくコントロールされているから
崩れずにいる命


でたらめは
命を縮める


規則が生命線だ


道路交通法のない高速道路は

高速道路として機能しないのだ


規則万歳というところだ


ただ
過ぎたるは及ばざるがごとしである


ーーーーーー
メモ


自由はうれしいが
自由過ぎて困ることもある
たとえば
ひとり孤独は寂しい


何かの制御を受けるくらいでないと
求められていないのだろうか?
そう不安になったりする


有り余る自由は
死に向かう過程であるかもしれない


会社を辞め
会社から自由になることは
「会社員としての死」
そう表現できるのかもしれない



ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。