ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

現象と構造の共進化


現象は
反応の連鎖である


構造は
反応主体と反応対象の関係である


関係に応じて
反応の種類と強さが変化する
この意味で
関係は
反応の原因となる


反応の種類と強さにより
関係が変化する
この意味で
反応は
関係の原因となる


鶏が先か
卵が先かの関係だ


同じ言葉で同じ意味が理解されても
発する人と聞く人の関係により
意味の解釈が異なってくる
構造が現象の差異をもたらすのだ


この意味の解釈の違いにより
発する人と聞く人の関係が
さらに変化してゆく
現象が構造に差異をもたらすのだ


反応は遺伝的に決定されていることもあれば
後天的に調整できるようになっていることもある


この調整できる範囲において
自由意志があり
思考ができる


ーーーーー
メモ


義務を受け入れることは
局所的な自由の放棄である


このような反応により
人の間に活動が生じ構造化されてゆく


言語の理解は
この言葉はこの意味である
そう解釈する義務を受け入れることだ


自由を放棄しながら
便利さを享受できる環境を
作り上げているのだ



ありがとうございます



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。