ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

印象派絵画に学ぶ運気


運命の人との出会い


これを導いてくれるのは
なんといっても
運である


そう思うと
運気をあげる努力を
惜しみなくすることもできよう



出会いは
選び選ばれる過程だ


選ぶということは
よく行うことである
バナナを買う場合でも
腐っていないか確かめながら

一番美味しそうなものを選ぶ

かと思えば
よくよく吟味をせずに買うこともある
この場合も結果的には
買ったものを選んでいる


よくよく吟味していても
すべてを見通して選んでいるわけではない


結果として
なんとなく選んでいるのであり
それでなければ駄目であるという
強い理由はあまりなくても
何かが選ばれながら
物事が進んでゆく


このような厳密ではなく
ある程度いい加減な選択に
運が大きくものをいう余地がある


運をあげるにはどうしたらよいか?


私は印象派の絵画が大いに参考になると思っている


ち密にすべてをもれなく細部まで描くことはない
だからこそ
描きたい印象をストレートに表現し
見る者の心を捕まえる


選ばれることにおいて
本質も大切だろう
しかし
運気をあげるには
印象もとても大切な要素であるに違いない


ーーーーー
メモ


一生懸命に確認して
選んだものに粗が見えてきて
選んだことを後悔するしたことはないだろうか?


すべてを見通せる眼力がないのだから
仕方がないとあきらめて前に進むのが懸命だ


いささかずるいのだけれど
なんとなく選んで
結果としていいものだったら喜ぶ方が
精神的に豊かになれる


運気を高めるには
印象を高めるのがいい


そのためには
精神的に豊かであろう方が
良いはずであると考えることにしています


ありがとうございます






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。