ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

砂上の楼閣を上手に維持する共役反応の数々に感謝です。ルアーは反応の連鎖の象徴です。

鯉と恋の各存在性


鯉の存在と
恋の存在には
違いがある


鯉は全体性が強い存在であり
恋は部分性が強い存在だ


鯉は個体としての全体
恋は間個体に生じる部分である


恋は社会を形成する部分間の存在であり
個体をより上位の階層たる社会の部分ということになる


はやり歌が
鯉より恋を題材としやすい由縁だろう


歌も恋も
間個体的存在である
社会的存在だからだ


部分的存在だからこそ
愛されるのかもしれない


ーーーーーーー
メモ


恋をするようにできているから
恋の歌に心を揺らす


人に寄り添うようにできているから
失恋の歌に心を寄せる


それぞれが
人を人を結ぶ部分であり
すべてではない


泣かせる歌があり
笑える歌もある


賑やかな歌も
静かな歌もある


人間間の関係は
多様な存在の総体だ



ありがとうございます



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。