ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

全体の部分としての独立


法律は
社会全体を維持する存在である
よって
個々人を守るためにのみ存在しない


個人の満足のために
存在するのではなく
社会の満足のために
法律は存在する


しかるに
法律による規制が強化されると
全体主義に傾斜し
法律による規制が弱まると
自由主義に傾斜する


どのようなことについて
どの程度の強さで
法律で規制するのか?
これは
個人が定めることではなく
社会が定めることだ


社会は
個人とは独立した存在であり
個人生きる環境である


ーーーーーー
メモ


植物は
二酸化炭素を吸収し
日光を浴び
酸素を排出する


その酸素を動物が吸い
二酸化炭素を排出する


個々の生き物は
環境づくりに参加しながら生きている
その意味で
環境と生き物は一体たる全体である


しかし
個々の生き物は
環境とかかわりあいながら
それぞれ独立して生存している


部分として
しっかり独立しているのだ


逆に言えば
独立しているつもりでも
しっかり全体の一部に収まってるのだ


全体の部分としての独立だ
このような独立であるが故
うまく行く時もあれば
上手く行かない時がある



ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。