ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

情報化された過去が未来を育む


ウサギが勝手に根っこにつまずき
ころりと転び
転んだウサギを捕まえた


ころり転げた木の根っこだ


待ちぼうけの始まりは
幸運とともに突然やってくる


幸運はうれしいもではあるが
大きな落とし穴にもなる


ギャンブルには
ビギナーズラックがよくある


これは次のような結果論だろう


ビギナーズラックに幸運にも恵まれた人々が
その後もギャンブルをし続けているのに対し
ビギナーズラックに恵まれなかった方々は
その後ギャンブルに手を染めない
結果として
ギャンブルをしている人の多くは
ビギナーズラックを体験していることになる


ギャンブルが
現代の待ちぼうけになっていなければよいのですが
ギャンブラー全員が勝ち続けるということは
毎日、ウサギが木の根っこにつまずくようなものである


生命の進化にも待ちぼうけのようなことがある
ただ
生命においては理性ではなく
自然が過去を選択する


理性による選択は
時に間違う


間違うからくりがあるのだから仕方がない


・・・
運も実力のうちである
運がつづけば成功の実践を持続できるで始末が悪い
ただリスクをはらんでいるということで
結果的には成功の実践が持続する
勘違いが始まるのだ


万事が実力どおりに進行するとは限らない
だから人は運を大切にする
悪いことに人には
幸運を覚え不運を忘れる性がある
ゆえに幸運の過去が蓄積する


幸運の蓄積は幸運を帰納する
この帰納法により
リスクは完全に理性的に少ないものと管理されているのだ
・・・


理性にも危険がつきまとう


過去の事象が不合理であるゆえに
運の存在が持続するからである


なにも運だけの問題ではない
理性は懸命に
平穏な未来を夢見る理論的根拠を模索するのだ


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。