ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

人工物には人間らしい自然がない


人工物には
人間らしい自然がない


機械には
答えがあり
その答えにたどり着く道筋があり
その道筋にそって答えを出せないと
駄目のレッテルが与えられる


融通が利かないのだ


人間には
まだ
融通が残されているから
新しい機械を創ることができる


道草を食べながら
回り道をする


この
答えがあるようなないような
前が見えているようで
見えていない融通が
自然の宝庫だ


遺伝子たちの歴史は
回り道の歴史だ
いまも
道草を食べているのだろう


人間は自然の産物だ
人工物の機械ではいられない


ーーーーー
メモ


人間は自然の猛威にさらされ
自然を克服しようと努力する


自然災害ももちろん
人間の人間たる内なる自然も
克服しようと努力する


人工的な美しい所作を賛美し
洗練されない無造作な動きが非難されたりする


目標に向かい統制された心が賛美され
野放図でわがままな心の動機を隠したりもする


しかし
自然は力強く制御し難い


身体の
内でも
外でも
人工と自然が対峙しながら
共存を図りながら
揺れ動いている


心地よい揺れならば
幸せだ



ありがとうございます



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。