ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

ビックデータと熟練もしくは鍛錬による進化


何事も
はじめは
行き当たりばったりだ


失敗もする
成功もする


結果がでたり
でなかったり


そんな繰り返しの中から
洗練されたプロトコールがあらわれる


目的に向かい
繰り返される過程と
繰り返しあらわれる結果が
ビッグデータとして蓄積され
解析の結果として
プロトコールが洗練されてくる


学習効果だ


情報が命であり
命は情報の賜物だ


生命は
たくさんの子を残し
種の遺伝子プールを拡大させる


ビッグデータの拡大だ


命が繰り返される数だけ
遺伝子のプロトコールは
より洗練されてゆくのだろう


ーーーーー
メモ


プロトコールは
環境により
適不適がある


その場所で上手く行くものが
あの場所で上手く行くとは限らないからだ


環境が変わると
ビックデータのとり直しがされることになる


データの容量と処理能力の潜在的需要が
このような事情にあるのだろう


ただ
限度がある


限度を超えて
あるいは
極限まで能力を高めると
余裕がなくなり落ち着かなくなる
度を越せば
倒れたりする


ゆっくりとすることの大切さを
ビックデータが教えてくれているのだろう



ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。