ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

もたらしもたらされる特別な関係たち


人間が
人間にとって
特別な存在であるように
猫には
猫が
特別の存在であるようだ


挨拶をしたり
喧嘩をしたりしているのだろうか
猫は猫同士で
鳴きあったり
寄りあったり
追いかけあったり
威嚇しあったり
隠れたり、、、
様々に
反応しあっている


人間が
人間を見たときに感じる
特別感を
猫は
猫と触れ合いながら
感じているのだろうか?


このような特別感は
どこから来たのだろうか?
そして
どこへ行くのだろうか?


「恥ずかしくてもうここには住めない」
そう思うときがある


特別の関係が
記憶の中で創造されてきた
生活の中で
進化の中の歴史の中で


ーーーーーー
メモ


情報と実体の関係に
相関関係がみられる時
「情報が実体を規定している」と
表現することができる


情報により
規定された実体は
情報に従順であるゆえに
規定されている


遺伝子のように
改変が困難な情報に従順な存在は
安定している


記憶のように
追加され改変しやすい情報に従順な存在は
揺らぎやすい


制度のように
意図的に変更される情報に従順な存在は
扱いやすい


お金により
意図的に変更される情報に従順な存在も
同様に扱いやすい


制度やお金をもたらす側の存在は
何に従順な存在だろう?



ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。