ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

砂上の楼閣を上手に維持する共役反応の数々に感謝です。ルアーは反応の連鎖の象徴です。

制御しようとする意志がもたらす歴史


制御された水と
制御されていない水がある


水害の水も上水も
水に変わりはない
凍れば氷
蒸発すれば水蒸気だ


人間は
人間により制御されたものが好きだ


人間に都合よく制御されているからだ


荒くれの馬を御する技術を持つ者が
賞賛の対象となる


このような技術は
制御する側の理が浸透し
制御される側の理が抑圧されることにより
成立する


自身の都合に合わせた制御競争が展開されている


しかし
制御競争よりも
制御協奏による予定調和が
安定的に持続し
生命や社会のあらゆる面で
蓄積している


制御し
制御される関係の蓄積で
システムが成立しているのだ


システムが崩壊すると
制御されていたものの野生が露呈し
災難がまき散らかされる可能性が増大する


野生には
自由もあるが
危険もある


管理された
家のなかが安心だ


ーーーーーー
メモ


異常事態は
人文科学的の表現であり
自然科学の表現ではないだろう


人間にとって
都合の悪い自然の成り行きが
異常事態だ


自然の猛威との戦いは
人類の歴史の重要な一分野だ


自然を制御するために
人智が注がれ
祈りも注がれてきた


人間にとって
人間は
制御する側になければならず
制御される側にはなってはいけないのだ


これに対し
自然は
人間を制御しようとは思っていないだろう
ただ
あるがままにさせているだけだ
そして
何をされようが
ただあるがままにあるだけだ


自然の成り行きは
すべての因果律の総和だ


人間の制御は
その中のほんの一部だ


それでも
とても大きなほんの一部だ


ありがとうございます



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。