ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

砂上の楼閣を上手に維持する共役反応の数々に感謝です。ルアーは反応の連鎖の象徴です。

苦行のはてを夢見て学ぶということ


ゴルフボールを打てば
それだけの単純作業で
実に様々なことを教えてもらうことができる


ただ条件がある


ボールを
自分が予定しているように飛ばそうとしなければならない


自分の思うようにしようとするから
様々なことを教えてもらえるのだ


そして
その『思い通りにしようとする心』が
強ければ強いほど
より深く学ぶことができる


ゴルフボールは実に素直だ


打ちたいように飛ばず
打たれたようにしか飛ばないのだ


人間はゴルフボールのように素直ではない


一話せば十聞く人もいれば
十話しても一しか聞かない人もいる


話す側に立てば
十聞く人が重宝なのだけれど
一しか聞かない人が成長の肥やしになる


ーーーーーー
メモ


ソクラテスの名言に


良妻をもらったものは幸せになる
悪妻をもらったものは哲学者になる


というのがある


一しか聞かず
十を聞け
と怒る者と生涯を共にすることは
成長の大いなる肥やしとなろう


成長するということは
苦難を伴うことがある


『苦行のはてには
 すばらしい世界が開けている』


人間は
そう信じたくなることがあり
そう思って踏ん張れることができる生き物

・・・・・らしい


いずれにしても
人を育てるということは容易なことではない
自分という人を育てることでもあるのだ


思い通りに
ゴルフボールを飛ばすことよりも
難しそうだ


諦めたらそれまでだ



ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。