ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

砂上の楼閣を上手に維持する共役反応の数々に感謝です。ルアーは反応の連鎖の象徴です。

系譜的被造物の歴史としての進化


遺伝子が創られたものとすると
その創造主は遺伝子を維持しているシステムだ


そのシステムの創造主は
絵にも文字にもしがたい混沌の中の
ほのかな秩序としか思いようがない


ともあれ
カエルがカエルらしくあるために
遺伝子があり
生命誕生から
今のカエルへと受け継がれてきた
遺伝子の歴史が
今のカエルの遺伝子を創造した


生命誕生のころの遺伝子と
今のカエルの遺伝子には
大きな違いがあると
容易に想像できる
しかし
同じ情報の系譜にある
同一の存在の変遷として
関連付けできる


表現型としての差異はあるが
歴史的系譜としての同一性がある


生命は系譜的被造物だ


過去から
現在
そして未来へ続く
情報の系譜


工業製品
家族
法律
国家
学問
様々な情報が
枝分かれしながら
自己同一性を
系譜として維持しながら
変遷を繰り返す


今も
わずかづつ
創造が繰り返され
系譜情報に反映している


ーーーーー
メモ


失敗の系譜は残らない
成功の系譜が
現在を彩る


同じ系譜の中で
失敗があっても
成功があれば
系譜はつながる


人為的情報は
統合も可能だ


系譜の離散統合が行われたりする


統合により
良い部分を残し
悪しき部分を捨てることが可能になる


大腸菌も
遺伝子を交換したりする


不足する部分を補うことが
生きる力を増強する


有性生殖は
情報を交換する
システムだ


情報交換は
系譜をより確かなものにしてゆく
ひとつの過程だ


ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。