ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

猫対応と犬対応のバランスをとる意識


産まれてから
今までに
様々な
系譜的被造物に接してきた


学校
言語
イデオロギー
学問
道徳
倫理
法律
家族
友人
恋人
PTA
etc


それぞれの
被造物に
好意的に
敵対的に
忠誠的に
気ままに
対応を繰り返してきた


私の意識は
系譜的被造物たちが
集いぶつかり合う場所だ


大切な被造物が負け
泣いたり
勝って笑ったりしている


考えてみればおかしな場所だ
自分で自分と相撲を取っている


私が取り込んだ
ある被造物と
別の被造物が
じゃれたり喧嘩したりしながら
調整しあっているのだ


まあ
すべて私のすることだ
なかよく
和をもって貴しということで
ゆったり落ち着いて欲しいものである


ーーーーー
メモ


神対応
鬼対応というのがある


犬対応や
猫対応もあってしかるべきだ


犬は
主人のために
愛想を振りまき
主人のために
戦ったりする
忠誠なイメージがある


猫は
自分のために
愛層を振りまき
爪を立てる
自由なイメージがある


誰かのためにしている対応と
自分のためにしている対応がある


犬対応と
猫対応だ


どちらも必要で
捨てがたい反応だ


人には犬対応を求める猫を
わがままというのだろうか


犬対応を強いる権力があって
猫対応ばかりの無秩序が
秩序立てられ
効率よく社会が回っているのだろう


こわもての権力者にも
機能があるということだ


別の権力で代替え可能ではあるのだろうが、、、、


ありがとうございます




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。