ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

夢の基盤に立ち夢を見る


もっと
可愛く生まれたかった


もっと
お金持ちの家に生まれたかった


自分ひとりでは
どうしようもないことがある


そう思う反面
そのかなわない夢を
何とか実現できる力が
どこかにあるかもしれない


そう思える余白が
思考の中にある


伸びしろのような
存在だ


この伸びしろの中で
夢が膨らむ


夢ばかりではなく
お化けや
妖怪が
闊歩する


仮想敵国や
経済目標
核の傘


自分ひとりではどうしようもないことを
みんなで実現しようと
みなで同じ夢を見て
様々な秩序が形成される


法律は
無政府状態では
かなえられない
夢のような秩序である


こんな世の中になったらいいなあ
そんな夢の集積が
法律だ


夢はかなえられるとは限らない
かなえられるものだけでも
たいせつに育てたい


ーーーーーー
メモ


かなえられた夢は
もはや夢とはみなされず
当たり前の現実とされてしまう


肉牛や
池の鯉は
人間に生まれたかったと
思っているかもしれない


そう思うと
人間に生まれた現実を
夢がかなった生き物と想像することもできよう


法治国家に生まれると
戦場に生まれずによかったと
想うこともあるが
法治国家に生まれたかったという
夢が叶ったとは
なかなか思えない


ひとりで頑張っても
維持できない秩序を
みなで維持している


そのことに感謝をしてみる余裕が
生活の中にできると
ありがたい


夢も大事
夢の基盤も大事である


ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。