ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

監視社会が嫌いな理由


裁判は
記憶ではなく
記録に基づく
したがい
記録のない記憶が泣きを見る


・・・


都合の良い記憶を記録し
都合の悪い記憶を記録から消去することは
理にかなっている


正義かどうかは置いておく


・・・


コンピューターは膨大な情報を記録できる
脅威である
容量においても
不都合な記録においてもである


オフレコと命ずれば
AIは記憶を捨てるだろうか?


監視社会が進展しているという
いっそのこと
すべての人のすべての言動を
コンピューターに記録しておけば
公明正大だ


・・・


隠しておきたいことがある


公明正大であるよりも
隠しておきたいことがある


人間として


機械ではない
柔らかさのために
隠しておきたいことがある




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。