ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

系譜秩序から派生する秩序が機能して系譜秩序が増殖するシステム


系譜秩序と
派生秩序に分けて考える


系譜秩序は
系譜秩序をひな型として
同質物質媒体の同質秩序を
複製される秩序


派生秩序は
系譜秩序をひな型として
異質の物質媒体の秩序として
転換される秩序


系譜秩序の例
 遺伝子
 経典
 法律
 設計図
 言語体系
 レコード
 生殖細胞


派生秩序の例
 RNA
 タンパク質
 意識
 工業製品
 しゃべり言葉
 行動
 意識
 心理
 思考
 嗜好
 体細胞


派生秩序が
外部からエネルギーを捕獲し
外部からエネルギー源として利用されることを避け
系譜秩序を複製することができていると
系譜秩序の存続が保たれる


いずれにしても
エネルギー獲得なくしては
持続されない秩序たちだ



ーーーー
メモ


派生秩序は機能し消費されながら
新たに系譜秩序から再現的に生成される


だから
派生秩序が消滅しても
系譜秩序が存在していれば
派生秩序は再生しうる


ところが
系譜秩序が途絶えると
派生秩序が機能していても
系譜は途絶える


一年の行事を年中行事として表現するように
細胞分裂から次の細胞分裂までの出来事を
細胞周期として記述される


この細胞周期において
系譜秩序たる遺伝子の複製という
クライマックスを演出するために
様々な派生秩序が
協調的に働いている


人間は
遺伝子ばかりではなく
文化の系譜を未来に運ぶ


壊れたらそれまでの
系譜秩序


どのような系譜秩序を大切に
生きるのか?
生きているのか?
たまに振り返りたいものである


沢山あるもよし
少数先鋭もまた楽しであろう


ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。