ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

砂上の楼閣を上手に維持する共役反応の数々に感謝です。ルアーは反応の連鎖の象徴です。

鬼は両義性が欠如しているものである


動物実験と
動物愛護の間には
大きな溝がある


この溝の根底にある問題は
動物摂食と
動物愛護の間にも存在する


ある目的の達成のためには
犠牲は仕方がない


この考えは
戦争と兵隊の問題にも通じている


目的と犠牲


勝ち負け
白黒をはっきりと付けられない問題だ


カビの生えたような
古い議論を
繰り返し続けるのだろう
そのなかで
時代を背景に
バランスが取られてゆくのだろう


人間が決める


そのことの意味と価値を
人間が享受する
あるいは
社会が享受する
そして
犠牲者は弔われる


ーーーーー
メモ


弱者をあがないながら
生きなければ
自己中心的になる


自己中心的になれば
目的は達し易い


犬ぞりを曳く犬を溺愛すると
そりを曳かなくなるという


生かさず殺さずに
目的を達する支配の構図がある


美しい目的ばかりならば
ありがたい


有り難い


せめて
犠牲になるものをあがなわなければならないだろう


目的にばかりを見て視野が狭くなると
あがなうことを忘れ
鬼になるのだろう


退治されなければならなくなる
ということだ


ありがとうございます



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。