ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

中心を廻る


太陽の周りを
地球が回る


銀河系の中心を
太陽が回る


宇宙の中心を
銀河系が回る


遺伝子を中心に
化学反応が廻る


記憶を中心に
私が廻る


法律を中心に
社会が廻る


それぞれの歴史が
築いてきた中心に
秩序とされる動きが廻る


いな
中心を廻るから
秩序とされる



ーーーーー
メモ


原子の周りを
電子がまわる軌道が
シュレーディンガー方程式として表現されている


この方程式は
原子核から離れた電子には
適応されない


化合物は原子に満ちている
多中心の世界だ


中心から中心へと電子は旅をする


中心から中心にとどまるよう力が働くから
時にとどまり
時に離れる


情報世界も
多中心の世界だ


わたしも多中心だ


複雑に揺れ動く




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。