ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

砂上の楼閣を上手に維持する共役反応の数々に感謝です。ルアーは反応の連鎖の象徴です。

共役の輪の部分であることが存続の根拠である


約束を守る人と
約束を守れない人がいる


約束を守れる時と
約束を守れない時がある


守らないと
秩序が崩壊しかねない情報もあれば
守らなくても
大勢に影響のない情報もある


このような意味での
情報の濃淡の基準はどこにあるのだろうか?


秩序が存続するために必要とされる機能がある
この機能に奉じる情報は貴い情報だ


秩序が循環しながら存続しているシステムにおいて
循環の王道を形成している機能の共役もあれば
その側道を形成している機能の共役もある
よどみもある


時の流れの中で
本来、崩壊するものが存続している不思議
この不思議に
大きく貢献するや否かが
時間の中で
選択淘汰されている


ーーーーー
メモ


循環して元に戻る共役の輪に組み込まれている秩序は
この輪が1回廻ると1回現れる
2回廻ると2回現れる
3回廻ると3回現れる


輪が途切れて循環が終わると

もう現れることはない


その秩序ではなく別の秩序がその秩序に変り
循環の共役の輪に組み込まれると
その秩序はもう現れることなく
循環の輪が廻り始める


循環の輪に組み込まれているという
存続の根拠を忘れてはならない


遺伝子の情報
人為的情報
どちらも循環の中にある


循環と循環が
共役関係を結び
あるい
適応関係を結び
重なりながら
さらに大きな循環となり
廻っている


循環な中
流し流され
たいせつな何かを見失っても
様々な共役の輪の中で
存続を続ける部分となる



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。