ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

砂上の楼閣を上手に維持する共役反応の数々に感謝です。ルアーは反応の連鎖の象徴です。

情報はしおらしい種である


おご馳走を分けてもらうことと
お料理のレシピを教えてもらうことの違いを
抽象的に表現すると
前者は実物の贈与であり
後者は情報の贈与だ


実物の贈与は
手間いらずで
すぐにおご馳走を食べられるが
食べたら終わりだ


情報の贈与では
材料を集めたり
手を加えたりしないと
実物の料理にはならないが
繰り返しその料理を楽しむことができるようになる


植物の生活環にたとえると
情報は種であり
おご馳走は花や果実だ
種は保存が利くけれど味気ない
一方
花や果実は魅力的だが
保存が利かない


情報とその果実は
それぞれに長所と短所がありながら
秩序の循環のなかでそれぞれの様相を形作り
機能している
すなわち
情報に対する秩序だった反応の連鎖が
お料理を再現し
その美味が情報に対する敬意を生み
情報が保持され
必要に応じて
再び紐解かれる


このように
様々な物質を利しながら
秩序が循環している
そして
このような循環の一様相であり
比較的安定しており
複製加工可能な物質的秩序状態が
情報と呼称されている


ーーーーーー
メモ


現実世界の出来事は
一瞬先は闇と称されるように
産まれてはすぐに消えてゆくような
不安定でやわらかな状態にある


これを情報化すると
情報化された範囲で切り取られ安定し固くなる


記録はその類のものだ


映像や音声による記録もあれば
文章による記録もある
記憶というあいまいな記録もある


そういえば
遠い昔
八ミリフィルムに映像を録画した
この映像を映写機で見ることはなくなってしまった


カセットテープに録音した音楽も
再生することがなくなって久しい
レコード盤も保存はされているが
そこに針をおとすことはなくなった


これらの情報は
種となり眠り
再び芽を出すことを待っていてくれているかのようだ


情報は反応される側にあり
反応されなければ
おとなしく静かに眠っているのだから
とてもしおらしい存在だ


そのしおらしさに付け込んで
改ざんしたりするのだから
人間は欲深く
とても智慧の働く生き物だ


遺伝子工学も
やがて本格始動するのだろう



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。