ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

情報の選択は未来への賭博である


生き物は地上の情報産業だ


情報は自然選択に供されると
ダーウィンとウォレスが発見した


情報は親から子へと遺伝すると
メンデルが発見した


情報は追加追加で高度に組織化すると
ヘッケルが発見した


情報が命を生産する


文明も情報産業だ
命をベースにした神経系が
遺伝子とは別系列の情報産業を可能とした
情報の蓄積と伝承の多様化だ


現在はコンピュータが追随している


情報の実践は
未来に向けた賭けである


賭けに勝てば選択される


リスクを背負える者は
情報を改変し
より良い未来に一口賭ける


リスクを避ける者は
昨日と同じ情報を使い廻す
留まる輪廻だ


突然変異のほとんどが
生きながらえない現実が
留まる輪廻を正当化する


しかしながら
人間には智慧がある
未来を想像し創造する知恵がある
でたらめな変異ではない
計算された変異が計算された結果を導く


が、時に計算が間違えている
それがリスクだ


多変量関数の計算においては
見逃した変数が大きな影響をもたらすこともある
それでも
転びながら自転車に乗れるようになる


AIも間違えながら成長する


きっと留まれば相対的に衰退してしまうのだろう


そんな時代は忙しい
忙しく
忙しく
騒がしい因果応報が輪廻する


ーーーーーー
メモ
養老孟司著「遺言。」新潮新書
生命と情報の関係に関する発見として
ダーウィン進化論、メンデル遺伝学、ヘッケル系統発生について論しています。
いつもながらの落ち着いた明快な論調が楽しい一冊です。


ありがとうございます。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。