ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

波紋が重なる水面に映る月影


飽きるというのがある
退屈というのもある
かといって
危険でドキドキするのも考えものだ


平等というのがある
公平というのがある
規格通りの路線がある
なんとも平凡で波風のない暮らしがある


普通というものに自由はあるのだろうか?


普通であろうとすれば
それは普通への自由だ


普通でなければならないと思えば
それは普通への制限だ


目横鼻縦


目が横についていて
鼻が縦なら普通の顔だ


遺伝子が普通を強いてくれているらしい
それでも
言葉では表し難い微妙な違いが人それぞれに現れる


この個性が普通のなかで許される自由のなせる業だ
同じ顔な中で変える表情の違いも自由のなせる業である


たまには飽き飽きした自分の顔を付け替えれば
退屈しのぎになるだろう
しかしそれはわたしだろうか?


福笑いは必ずしも
目横鼻縦とはいかないから面白い


露天風呂の暗い水面に
三日月がゆらゆら揺れている
月の原形をもはやとどめていない光である
息を殺し水面を鎮めると
すこし三日月らしい形が戻る
見ていて面白い


視覚も聴覚もなかなかの堅物ではあるけれど
心模様はゆらゆらとゆらめく柔らかき水面のようだ
そんなことを眺めさせてくれるひとときだ


普通がいい
自由がいい
公平がいい
ずるをしたい
ずるを許さない
様々な言葉が
波紋をなげる


ーーーーーー
メモ
法律が非標準を制限しふつうを創る
このふつうには枠がある
この枠から外れなけらば法律違反にならないセーフである


相手が明らかに法律の枠をはみ出していれば
法律違反でアウトを主張できる
自分がはみ出していれば
逆にアウトを主張される


どちらも枠の中にいて争うこともある
どちらも常識の範囲に収まっていても争うこともある
法律だけで決まるほど人間法律的にはできていない


微妙な損得にすら
大きく感情が動く時がある


目口鼻縦には満足できない
小さな個性が大事な個性だ


生きることの意義でもあろう
それでも厳しい争いは避けたいものだ
笑いながら争うくらいの余裕は残しておきたいところである


ありがとうございます



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。