ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

実践のない思考としての空論


できることしかしないと
飽きてくる


できないことをしようとすると
失敗ばかりで嫌になる


ところが
できないことをしようとして
たまたまできてしまうことがある
だから
できないことでも
ついつい
やろうとしてしまう


大きな失敗も待っている


リスクをとるか
確実にこなすか


思案ばかりしていても始まらない


思案をすることが目的ではない
実践がない思案は
机上の空論を重ねるだけだ


よりよく呼吸をするとはどういうことか
この命題の解は
呼吸の実践な中にある


思考がどこまで通じるか
実践で試すよりほかはない
自然淘汰にかからない思考は
いつまでも夢のままである


ーーーーー
メモ


遺伝子を組み替えるのが思考だ
遺伝子に従って生きるのが実践だ


実践のない情報は
解読できない文字であり
ただの模様だ


手相にどれだけの意味があるのか


それを考えるのも
実践との比較において意味を見出す


手相にも情報を見出そうとする
人間の情報処理能力を
AIは
どこまでまねてゆけるだろうか?


ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。