ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

条件反射の束を改変する季節


イモムシは皮を脱ぎながら成長する
そして
さなぎになりチョウに化ける


現状の打破は
皮を脱ぎ捨てる過程だ


四月は
別れと出会いが盛んな季節だ
自分を変える季節でもある


環境の変化が先なのか
自分が先なのか
どちらも先なのか
スパイラルしながら
変化が進行する


変りゆくものには
柔らかさが備わっている



かたくななな皮を脱ぎ捨てるのだ
凝り固まった条件反射の束を捨てて
しなやかさを取り戻すのだ


芽吹く木々
やわらかな色たちが
山すそに広がる


小さな命たちも
競うように生まれ育つ


それを待っていたかのように
ツバメが巣をつくる


にぎやかな季節の始まりだ


ーーーー
メモ


温めると柔らかくなるのは
プラスチックばかりではない
春も
暖かくなるにつれ
やわらかさが現れる


夏になると
溶けてしまわないように
硬さも求められる
そうなる前の程よい季節に
しなやかな命が躍動する


夏までに何か新しいものを
やわらかな試行錯誤が試される


ありがとうございます






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。