ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

自己完結しないという欠如の美学


欠如というものは
貴重な贈り物らしい


フランスに
結婚にまつわる
三つの格言がある


結婚は判断力の欠如でするもの
  (ああ、そうだったのか)
離婚は忍耐力の欠如でするもの
  (確かに、ごもっともで、、、)
再婚は判断力の欠如であるもの
  (あはは、確かになぜ同じ過ちを、、、)



自己完結性の欠如があってこそ
人は人を求める


だから
完璧は人生の進行を妨げる


欠如があり
人生は進行するのだ


欠如は
欠点ではなく
優しさを運ぶ
贈り物でもあるのだ


たいせつに磨けば
輝く原石だ


ーーーーー
メモ


独立して生きられない細胞が寄り集まって
多細胞生物が一塊になって生きている


自己完結できないものが
集まるのだ


集まっているから
自己完結できなくなっているのだ


命は
ひとつの部品では何もできない


DNAだけで何もできない


自然淘汰の単位は
遺伝子でもあり
細胞でもあり
個体でもあり
集団でもある


完結性が試されるのだ


不完全なものの寄せ集めとしての完結性


たまたまでも
完結すれば生きていられるのだ
完結すれば絆を継続しているのだ


不完全でないもの自己完結できる存在は
絆が不要だ
石は石のままで
長らく持続できる完結性を有している


石に比べて
命ははかない


はかないから
助け合う
奪い合う


継続性のある完結性が
好ましい


ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。