ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

繋がりが密になると窮屈になる



言葉を
引き継ぎ
使用している


秩序の
引継ぎは
言葉だけでない


文化全体もそうであり
身体もそうだ


保守的な引継ぎもあり
革新的な引継ぎもある


引き継がれない
秩序もある


1000年前と
同じ秩序もあり
変わり果てた秩序もある


1年前との比較においても
同じものと変わったものがある


ある秩序の変化が
別の秩序の変化を促し
次から次へと
変化が連鎖する


このような
ダイナミックな
変化の流れから
取り残された秩序は
いつしか
昔を懐かしむ


ーーーーー
メモ


変化により
得るものがあれば
失うものがある


たとえば
効率を優先し
機能が先鋭化すると
遊びがなくなり
余裕がなくなる


私語が許されない職場の
息苦しさに
人間としての動物は
時に悲鳴をあげぬだろうか?


絶対君主が
目を光らせても
2つの目しかない


すべての人が
すべての人を規制すると
逃げる場がなくなる


自分ばかりが規制から逃げていると
周りから突き上げられる


人を型にはめて締め付けるシステムが
進化を続けているようだ


乱暴者は手足を縛られる
優しい人も手足を縛られる


平等にシステムが締め付ける


繋がりが密になると
窮屈になる由縁だろうか?


ありがとうございます



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。