ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

脱忍耐と忘却がもたらす動態


人が集まると
集団ができ
ルールが生まれる


この集団が
大きくなる過程で
集団に人が入ってくる


新しく入ってくる人々は
集団のルールに従う
既存の人々が醸成した
そのルールに従う


人がいて
ルールがあり
集団がある


ルールも
集団も
人の外側にある


人はそれらを受け入れる


この受け入れの過程で
人の内側にある欲求と
外側の要求が出会うことになる


魅せられて
出会い
忍耐により
維持される


始めるは易し
続けるは難し


集団も
続けることが難しい


ーーーーーー
メモ


続けないのは
また別の新しいことを
始めてしまうからだったりする


保守には保守の良さがあり
革新には革新の良さがある


保守には歴史があり
革新には未来への希望がある


成功した革新が
保守に変換しながら
忍耐を強いるようになってゆく


はやりがあれば
すたりがある


忍耐力には
限界があるようだ


この限界が
歴史を動かすひとつの要因だ


福島では
不幸な事故を経験し
脱原発に舵が切られた


忘却もまた
歴史を動かすひとつの要因だ


集団の変質は
その部分の構成員の変質と
その入れ替えの総体であり
生物種のそれのように
ゆっくりだ


それでも
変らない構成員にとっては
集団は急激に変質しているように
映るのだろう


ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。