ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

海でもない空でもない陸地


台風の中
船の中で揺られ続けたことがある


吐いて吐いて
吐くものがなくなっても
胃が何かを吐きたがる
でも
何も出ない


乱気流の中の飛行機も
なかなかのものだ
縦に揺れるのはよくあることだ
個々に揺れだして
恐ろしくなったことがある
気持ちは悪くないが
生きた心地がしない


陸の上はいい


それでも
陸の上から
海原を眺め
大空を眺め
憧れを口づさむ


憧れには
危険がつきまとう
苦難が待ち受ける


小さな幸せにも
穏やかに
危険と苦難がつきまとう


こじんまりとした想定内を選ぶ人もいれば
大きな想定外を選べる人もいる


どちらかを選ばざるを得なくなる人もいる


どこでどう間違えたのか
自分が行きたい方向とは
真逆に進まざるを得なくなる人もいる


いづれにしても
陸の上である


海の上や空の上にばかりはいられない


鳥や魚ではないということだ
それでも
さすが人間である
そう褒められたくて
無茶をしたくなるから
人間には進歩がある


ーーーーー
メモ


できないことをできるようにする


後天的に能力を拡大する能力が
人間は他の動物に比べ格段に大きい


遺伝子だけでなく
脳の中に情報を記憶し操作できるからだ
これにコンピュータも加わった


リスクもあるのだろうが
能力の拡張の道を追求し
しあわせも不幸のリスクも
拡張してゆくのが
人間らしい道なのかもしれない


軍拡も平和運動も
所詮、同じ道の裏表だ


しのぎあうより他はないのだろう


ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。