ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

運しだいが発生する理屈


失敗したと思ったら
結果が良かったり
上手くできたつもりが
運悪く裏目にでたりする


現実は
理屈のようには
一筋縄にいかない


理屈は現実の一面しか
描くことができないのだから仕方がない


現実のあらゆる側面を理屈にして
それを頭の中で再構築すると
頭が重くなりすぎて
身体が動かなくなりそうだ
そのまえに
何をすればいいのか
私なら答えを出せなくなるだろう


難しく考えすぎず
ある程度単純に
運に任せて実践する
このような道しかなくなる


それで
運がいいのか悪いのか
これが重大事になる


神様仏様を頼りにしたくなる


理屈ではない
理屈ではカバーできない部分である


ーーーーーー
メモ


理屈が答えを出せない時
感情としては
焦り激高したり落ち込んだりする時もあれば
開き直り諦めがつく時もある


所詮、人間である


行き場のない状況で
感情に流されながらも
上手く切り抜けたり
下手を重ねたり
様々だ


所詮、動物である


これを言ってはおしまいだけれど
あれこれ考えるだけ損かもしれない


それでも
あれこれ考え、瞑想なぞとのんびりしていられない気分になる


やはり、人間である


ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。