ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

潜在と顕在


時間の経過により
顕われたり潜んだりする存在


地球が今存在すること
太陽へと落下せずに存在すること
この顕在は
落下して消滅する潜在と表裏をなしている


今生きていること
死なず今生きていること
この顕在は
死して消滅する潜在と表裏をなしている


存続していること


この存続を可能たらしめている
可能性と条件
子の生存を可能たらしめている
能力と条件


宇宙の進化は
偶然の連続の中で進行する


生命の進化もまた
偶然の連続の中で進行する
情報が偶然を必然化しながら
進行する


情報は
存続の能力を再現する手段だ
この手段を実践できる条件がそろえば
情報とその能力が存続する


条件が満たされなければ
消滅する


ーーーーーー
メモ


存続しないシステムは
消滅する
ゆえに
システムは存続するために実践を繰り返す
このため
存続することが目的となっているように
観察される


存続することが目的に見えないシステムは
存続していないから
結果的にそうならざるをえない



ありがとうございます





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。