ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

砂上の楼閣を上手に維持する共役反応の数々に感謝です。ルアーは反応の連鎖の象徴です。

感情と命名された道標


小さなアブラムシが
身を寄せ合って
植物の栄養を横取りしている


そのアブラムシの集団に
アリが乱入して
アブラムシが分泌する蜜を
横取りする


植物は
なされるがままに
風に揺れている


生き物たちは
『どうすれば自分の得になるのか?』
この命題に対する答えを
きちんとわきまえているようだ


大空を舞う大鷲は徒党を組まず
田畑にたむろする雀は集団をつくり
一羽が飛び立つと
皆、次々と低空に飛び立つ


雀も
ひとりでいるのが寂しいのだろうか?


感情は
『生き方』を教えてくれる道標


人間には
千差万別の生き方があるらしい


様々な感情や思いが交錯する


複雑な道標が用意されている


ナビがあればありがたい


ーーーーーー
メモ


目的地がはっきりしなければ
ナビがあっても無用の長物だ


他律に与して
流れに乗り
自律に与して
時に流れに逆らい

気分次第にさすらうのも

楽しかろう


他律的に『自主自立』に与するのも
人間の特性だ


言葉を話せることは
言葉を聞けるということだ


ナビに操られることに
気楽な心地よさを感じるということは
「『他律的に生きよ』それも可なり」
そう遺伝子が囁いてくれているのだろう


ありがとうございます



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。