ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

砂上の楼閣を上手に維持する共役反応の数々に感謝です。ルアーは反応の連鎖の象徴です。

物質的原因たちと情報的原因たちのハーモニー


因果律の原因を
大きく二つに分けてみる


物質的原因と
情報的原因だ


足で小石を蹴ると
小石が飛んで行く


運動している足が小石にぶつかると
足の運動している力が小石に伝わり
この時、小石に作用した力と方向と強さに応じて
小石が運動を始める


これは物理的原因だ


これに対して情報的原因は
小石を蹴る意志などだ
小石の視覚情報やら
小石が飛んで行く予定としての飛行の軌跡情報やらが
統合し
足を動かすなどの運動指令情報が作動して
小石を蹴ることになる


情報的原因の特徴は
情報のレパートリーの中で選択する過程があるということだ


できることの中で
することを選択する


できることを増やす
同時にやれることを増やす
すれば便利になり
苦労も増える


大きく関連付けると
情報的原因とうまく付き合うのが
智慧ということで
物質的原因をうまく制御するのは
技術ということかもしれない


ーーーーーー
メモ


高度情報化社会という


高度情報化物質が生命だ


高度情報化細胞が多細胞動物たちで
高度情報化運動が動物行動だ


様々な情報が
様々な情報と交点を持ち
情報網が形成される


さらには
内なる情報網と
外との情報網が様々なホロンで交差する


国というホロンを基準にすれば
国内法があり国際法がある


人を基準にすれば
ホルモン神経系があり
言語がある


コンピューターを使うにあたり
インストールされたソフトしか使えない
もっと言えば
未来に存在するソフトは使えない


言い換えれば
情報的原因は増やしてゆける


この増加が
高度化という抽象概念として表現されている
別の抽象概念でいると
進化だ


使いながら失敗を克服するために情報を修正し
因果関係の調整が進んでゆく


物質の性質を無視した生命は存在できないように
人間の性質を無視した社会も脆弱なものになるだろう
失敗を繰り返しながらも
情報量を増やしながら
情報間でハーモニーが調整されてゆくだろう



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。