ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

砂上の楼閣を上手に維持する共役反応の数々に感謝です。ルアーは反応の連鎖の象徴です。

雑草のような思考たち


こうなりたい
ああなりたい
あれをしたい
これはやらずにいたい


これをしたら
つぎはあれで
そうなるには
いそがねば


なんでこうなっているんだ
さっきまではああだったのに


このあいだは
こうしたらうまくいったのに
なんできょうはだめなのだろう


うらやんでもしょうがないけど
あのひとばかり
なんでうまくいくのだろう
わたしもああなりたいけれど
まあいいか


口には出さない様々な思いが
目まぐるしく頭をよぎる
考えようとしなくても
自然と何かを考えている


考えているだけで
頭がいっぱいになり
目の前で起きていることを
正確に見ていないし
聞いてもいない


考えることで
半分目を瞑っているし
半分耳を閉じている
口は半開きだ


過去や未来が邪魔をして
今が蔑ろにされている
これが自然な状態らしい
頭の中の自然だ


環境としての自然には
今しかない


今ではない事を考え
忙しくする性を
利する必要もあり
そこから離れて
今にどっぷりつかり
時空の混雑を離れて
のんびりすっきるする時間も
楽しみたいものである


ーーーーーー
メモ


見ざる言わざる聞かざる


人は自分から忙しさを創るところがある


口数は多いが言葉は足りない


どうでも良いようなことが
頭の中を駆け巡る


どうでも良いようなことでも
何かが頭の中を動き回っていないと
収まらないらしい


どうでも良いことが
頭の中に
雑草のように生えてくる


そんなことで
時間の大半を過ごし
一日が終わり
疲労感が残る


今、何を考えているのか?


時には
気忙しい自然に任せずに
雑草でも取りながら
のんびりすっきり
頭の中を整理してみたいものである


ありがとうございます



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。