ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

意味の助長がバブルを成長させる


「この色が赤」
「この色は白」


この色と指示されたものと
その色を覚えることにより
「赤」や「白」が意味を持つことになる


情報は
情報そのものに意味があるのではなく
その使用において意味が生まれるものである


絵にかいた餅は
それを見た者が
たとえば
「餅を食べたい」と思うに至り
餅を食べに出かけることにより
意味が生まれるのだ


法律も道徳も倫理も宗教も
文字としてあるだけなら
その意味は空虚なものであるが
それが賞賛されたり
実行に移されすることにより
意味が生まれる


翻訳され機能を発揮されることのない遺伝子は
情報として存在しても
その意味を生まないということである


聞き覚えのない言語が
雀の鳴き声と同じような意味しか生じない
ということである


情報に対し
情報として反応する能力を前提として
情報は意味を生む


お金をお金として反応しなければ
「猫に小判」
ということになるのと同じ理屈だ


ーーーーー
メモ


ファン ゴッホの油絵は
オークションに出されると
途方もない金額で落札されることになる


彼が生前に
買ってもらえた絵画は
たった一枚だと聞いたことがある
まったく売れない画家であった


その時代の人々にとり
ファン ゴッホの絵画は
猫に小判であったのだろう


評判が評判を生み
価値があがる


このようなバブルにより
人間が社会を営んでいる


バブルに乗って
価値上昇のスパイラルに乗らない者は
変わり者のレッテルをはり
バブルをより一層推進する


このようなバブルを操ることができる者が
強い権力を掌握するのだろう


裸の王様も
みんなで守れば立派な王様だ



ありがとうございます





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。