ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

周期を形成する目的に集う機能たち


細胞周期というのがある


ひとつの細胞が2つの細胞に分裂する
この一連の事象が連続して周期的に起こる


大雑把に表現すると
分裂した細胞は
まず成長しDNA合成に必要な準備を整える
準備が整うとDNAが複製される
すると次は細胞分裂への準備が始まり
この準備が整うと
実際に細胞分裂が実践され
2つの娘細胞となり
再び成長しDNAの準備を始めることになる


それぞれの時期に
合目的的なたんぱく質などの生体高分子が合成され
次の時期には別の生体高分子が出現して機能を発揮する


予定通りにこれらの生体高分子が出現し機能しなければ
細胞周期は途切れ
細胞は死滅運命を辿ることになる


予定された反応が
予定通り実践されて
周期が成立し細胞が存続してゆく


予定調和が見事に実践されている
ミクロな現場だ


ーーーーー
メモ


物質があり
運動があると
なにがしかの変化としての結果があらわれる


2つの物質があり
物質Aの変化が
もう一方の物質Bに変化をもたらし
その変化が物質Aをもとの状態に戻す変化を引き起こす
するとこの変化により物質Bも元の状態に戻り
この戻りが物質Aに変化をもたらし
その変化が物質Bに変化をもたらす


このようなキャッチボールのようなやり取りが
エネルギーの供給を受けながら繰り返されると
周期運動による永久機関が出来上がる


周期を作る反応の連続は
周期を作るという目的において集合した
動態としての秩序を形成する


地球が太陽の周りを周期的に運動するように
細胞は周期的に運動している


エネルギーを吸収しながら
目的に呼応している機能を予定調和的に発揮させ
周期を見事に演じ続けている


ありがたいことです



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。