ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

砂上の楼閣を上手に維持する共役反応の数々に感謝です。ルアーは反応の連鎖の象徴です。

機能分化と予定調和


カルビン回路


オルニチン回路


クエン酸回路


様々な代謝の連続が
生体活動を支えている


このような代謝の連続は
一連の酵素群がとり揃っていて初めて成り立つ


ひとつの酵素だけでは成立しないということだ


様々な酵素が集まり
協調して代謝反応を連続させる


酵素群としての機能は
ひとつの酵素だけでは発揮できない


他の酵素との予定調和により
機能が発揮されるということだ


機能分化のあるシステムにおいて
予定調和が存在しなければ
システムは不全に陥る


ーーーーー
メモ


機能を追求することと
機能の組み合わせを追求することは
システムの車の両輪だ


酵素活性が高まることも大事だが
酵素の組み合わせもとても大事ということだ


能力が高いだけでは機能は発揮できない


能力を発揮する場所を見出す予定調和が
機能していることも試される




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。