ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

適応至上主義という本末転倒



生存競争という言葉は
のんびり生きることを
否定しやすい言葉だ
少なくとも
あまり肯定はしてくれそうもない


今生きている生き物に比べ
カンブリア紀に生きていた生き物は
のんびりと暮らしていたのだろう


そんな中
せかせかと生きる生き物があらわれ
のんびり生きている生き物のえさを横取りしていった

あるいはのんびり生きている生き物を餌にしていった
・・・・・のかもしれない


「そんなことまでして生きたいのか?」


のんびりと生きていた生き物は
せかせか生きる生き物に
言いたかったに違いない


不器用にしか生きられない生き物に
罪はない
生きる資格がないわけでもない
ただただ
不器用だった


狡猾になれなかった
それは罪ではない
しかし
適応的ではなかった


ーーーーー
メモ


できるということと
よりよくできるということに違いがある


走ることができれば車ではあるが
よりかっこよくスムーズに力強く走る車のほうが
より良い車だ
環境にも良ければ今風に良い車だ


適応的であるや否かは
車であるや否かの問題ではなく
より良い車であるや否かの問題だ


豊かになると
ただ生きるだけでは当たり前になる


生きることよりも
よりよく生きることが大事に思えてみたりする


張りぼてのかっこいいばかりの車は動かない


本末転倒という言葉ある


基本を忘れ
適応することばかりに気を取られる様を
よく言い表す言葉である


基本に立ち戻り
やり直すと
適応にも磨きがかかるというものだろう



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。