ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

同一性へ向かい流転する努力としての生命力


時間が経過すると
万物は流転する


この流転をとどめようとする力が
生命にある


壊れると壊れたままである物質とは
異なり
生命は
壊れても直す力がある


細胞内小器官は
あえて古いものを壊しながら
新しい同じものを造り
同じ状況を維持している


流転しながら
同じを保っているのだ


時間が変化をもたらし
生命力が同一を保つ努力を重ねている


系譜は
その歴史だ


変化に抗する
同一保持の戦いの歴史だ


時に敗れ
変化しながら
系譜的同一性を保っている


系譜の枝分かれは
流転に抗しきれず
変ったものと
変らぬものが
それぞれに
同一性を保持に努めてきた結果である


流転に抗する方法は
様々だ


まだあらわれぬ
方法も
様々だろう


夢がある


あまりに生真面目に
きっちり同じことばかり繰り返すのではなく
余裕をもって
余白のある同じことを繰り返してみたいものである


その余白から
ふと
新しい芽が
顔を出すやもしれない


楽しみだ


ーーーーーー
メモ


変るべくして変わるのではなく
緩い規制の中で変わってしまうのだ


それが
たまたま上手くいくと
新しい
素晴らしい変化になるのだ


上手くいかない変化があらわれない様に
厳しい規制をしていると
創造性に欠けることになる


生命の持つ
遺伝子の複製技術は
大変優れているが
環境の変化などで
生存が危うくなると
この複製技術にほころびが出て
あるいはあえてほころばせ
複製エラーの頻度が上がるという


複製の精度という規制がゆるむのだ


新たな創造を待つ環境を整えているようだ


同じであろうとする気持ちを緩めると
なにか新しい夢を見れるかもしれない



ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。