ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

砂上の楼閣を上手に維持する共役反応の数々に感謝です。ルアーは反応の連鎖の象徴です。

生れたての柔らかな暖かさ


こころが
あたたまる
それを目指す思想が
宗教かもしれない


厳密に言えば
宗教の始まりかもしれない


始まりがあり
終わりがある
そして
その間がある


始まりのこころがあり
終わりのこころがあり
その間のこころがある


それぞれに
別々のこころがある


批判され
それに対抗するため築かれた理屈の山の中で
宗教も思想も
こわばって
肩こりや片頭痛に
悩まされているのではなかろうか


ーーーーー
メモ


「初心忘るべからず」


やわらかで
あたたかな初心を忘れてしまうから
この警句が名言として
生き生きと伝えられてゆく


初めてできたことの喜びが
できて当然のこととなり
つまらない形式的なものに成り下がる


そんなとき
「初心忘るべからず」
そうつぶやいて
また
こころをあたためたくなる時がある


何かができなくて
壁にぶつかり
ささくれだったこころをなぐさめるのだ


柔らかく暖かな心が
時間と共に冷やされてゆく


冷え切らないうちに
また
初めに戻り
終わりを遠ざけるのだ


「いつのころの心を思い出そうか?」
年の瀬の
ふとした空き時間に
お正月への思いが湧き上がる



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。