ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

砂上の楼閣を上手に維持する共役反応の数々に感謝です。ルアーは反応の連鎖の象徴です。

適応関係、共存関係、共役関係にみる適応と前提


関係には様々な質的違いがある


片思いのような関係
両思いのような関係
縛りあう関係


雑駁に言えば
それぞれが
適応関係
共存関係
共役関係に対応する


片方から適応している関係
両方から適応している関係
両方から適応し且つ前提とされる関係
ということになる


人間関係でいうと
片思い
恋愛初期の関係
婚姻関係労使関係ということになろう


自然界では
ダーウィンフィンチのくちばしのような
餌と生物の形態の関係
大きな魚とその口の中でお掃除をするホンソメワケベラとの関係
心臓と肝臓の関係

などと例示できよう


共役関係は
自らを相手に適応するにとどまらず
相手が自らに適応することを「前提」にする
相互にこの前提があるからこそ
より適応的に強い関係を築いている関係である
反面、この「前提」に強く依存するようになり

「前提」がくずれると取り返しがつかない事態に陥りやすい


ーーーーー
メモ


同じ大きな情報により規定されていると
相互に「前提」を共有できる関係になる


個体という大きな情報に規定されたシステムの部分として
心臓と肝臓が共役的関係で結ばれている


家族という大きな情報に規定されたシステムの部分として
夫と妻が共役的関係で結ばれる


会社という大きな情報の傘下で
上司と部下が共役的に結ばれる


火力発電所という大きなシステム内で
水蒸気の流れとタービンが共役的関係で結ばれる


相手にあわせるだけではかなわない機能が
相手にあわせてもらうことで可能になる


調和の成立である


相手がこちらに適応的にならなければ
共役関係には至らず調和が成立しない


調和は
情報によりもたらされる秩序の内部にあらわれる

現象である


楽団や宗教の内部の調和もまた然りである


火力発電所の不良部品が交換されるように
共役には厳しい規格に通じる「前提」がもとめられている




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。