ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

動くものと動かざるものの調和において


夢をあきらめると
その夢がなくなる


いつの間にか
忘れさられた夢は
どこにもない


思い出した夢は
そこに存在する


忘れられた歌は
存在しない
忘れられた小説も
忘れられた英雄も
もはや存在しない


お腹が満たされると
空腹が消え去るように
様々な知性が
消えてゆく


これを
避けようと
様々な知性を
物質に刻む


物質に頼る
知性の誕生だ


ーーーーーー
メモ


動くことにより
維持されるものは
動けなくなると
消滅する


動かずに存在するものは
風化する


動きながら
動かずに存在するものを
補修すると
存在が
効率よく時を超える


動くものと
動かぬものの
時を超える長所を
利用するシステムが
より長く存在する


進化するシステムは
動く性質と
動かざる性質の調和において
機能する


ありがとうございます



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。