ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

砂上の楼閣を上手に維持する共役反応の数々に感謝です。ルアーは反応の連鎖の象徴です。

生きることは苦難とともにあること


ヒアリが
貨物船に乗って
世界各地に
その生息域を広げていった


様々な迫害を
かいくぐり
災難で大きな命を奪われながらも
また
復活を果たしながら
その生息域を広げていった


ヒアリが
その勢力を広がることに
何の意味があるのか?


広げる
必要や
必然性は
どこにあるのか?


そんな疑問に
明確な答えを持っていようがいよまいが
ヒアリは
その生息域を広がていった


私たち人間の祖先も
そうしてきた


そして
これからも
そうしてゆくのだろう


私たちは
祖先でもあるのだ


ーーーーーーー
メモ


迷惑な生き物も
懸命に生きている


迷惑な故に
迫害を受ける可能性が多いにもかかわらず
強い生命力を発揮している


憎まれ者世にはばかる


生命力が強いから
憎まれ者になれるのか
憎まれるから
強くならざるを得ないのか
鶏と卵のような関係があるのだろうけれど
『生き抜く』という結果をもたらす能力の集団が
自分たちの居場所をみつけては
その場所での生き方の能力を磨き続けている


その場所は
常に同じではない


天敵
天災
様々な苦難がある


その苦難を乗り越える能力が
生きる力だ



ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。