ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

大樹の陰にある忖度


首相案件という言葉があるなら
ジャニーズ案件という言葉もありそうだ
社長案件も
会長夫人案件もあるのだろう


やはり
寄らば大樹の陰
である


「お陰様で上手く行きました」
ということになる


お近くに大樹があれば幸いだ
そのためにすべきことがある


そのすべきことをしたくない場合には
自身が大樹になればいい


これが大志だろう


「若者よ、大志を抱け!」
とはよく言ったもので
やはり若者だ


大樹は年輪を刻みながら成長してきた


いきなり大きくはなれない
ことに大樹は
ゆっくりと大きく育ってきたのだ
時間が無くなってから
年輪を刻むより
たっぷり時間があるうちから
年輪を刻まなければならない


ご主人案件という言葉もあれば
奥様案件というのもあるだろう
いささか小ぶりな樹木でも日陰はできる
お陰様を味わうには
陰の本体を大切に育てなければならないだろう


少なくとも
機嫌を損ねぬ方がよい


ーーーーーーー
メモ


「木は森の中に隠せ」
という


目立たないという価値がある
矢面に立たないということだ


コモドオオトカゲは
コモド島の食物連鎖のトップだ
怖いもの知らずである
しかし
コモドオオトカゲといえど
子供のころは小さくて弱い
子供の子供オオトカゲには天敵がいる
大人の子供オオトカゲがそれである
そこで
子供の子供オオトカゲは
大人の子供オオトカゲから隠れるように
樹上で生活する
文字通りた「大樹の陰」で暮らすのだ


成長するということにも
戦略というものがある


年輪を重ねるのも
ご苦労様がついてまわる



ありがとうございます





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。