ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

 動的秩序は規則的反応の調和的集合体。ルアーは反応をもたらす物質の最適化の象徴。情報の流れの中で規則と調和が繰り返えされる。

台風とイデア

同じことを繰り返させる源がある


こうなったらこうする
ああなったらこうする


こーならこーだ
あーならあーだ


言葉は
同じこと同じことやものを思い起こさせる源のひとつだ


認識した言葉に応じて
それをいちいち説明されることなく
何かを思い起こすよう用意されている
これが
言語の記憶だ


言語の記憶を中心に
人々が反応しあう


遺伝子を中止に
化合物が反応しあう


私は
言語の記憶の周辺を廻っている


わたしを中心にイデアが廻ることはない
イデアの周りを私が廻っている


遺伝子の周りを私が廻っているのと
同じ理屈だ


ーーーーー
メモ


台風が生まれ
移動しながら
消えてゆく


台風の中心も
その周辺も
同じような物質からできている


でも中心と周辺がある


ひとたび生まれた中心は
周辺に大きな影響をもたらす
秩序の源となる


様々な影響力が生まれ
周辺を巻き込む
中心ができる


中心の影響力が弱まるまで
その影響力に応じた
秩序があらわれる



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。