ルアーなお金たち、言葉たち、命たち

砂上の楼閣を上手に維持する共役反応の数々に感謝です。ルアーは反応の連鎖の象徴です。

縁なくば争わず されど縁


ひとりは
全体の中の部分である


同じ全体の中の
他の部分との関係は
密である場合もあれば
疎である場合もある


誰に対しても同じようにふるまいたい思いがある
誰からも同じように対峙されるわけではないれど
誰からも同じように
接せられ
接したい

願ったりする
疎の部分だ
どうするかあまり考えたくないから
誰彼構わず同じ様に扱う
ということなのだろう


恋人や
友人や
味方等々
特別な関係を望んだりもする

密の部分だ

その人との接し方をどうするのか
一生懸命に考える


場合によっては
特別感をどう演出するかを配慮する


縁を切りたいが
切れない人もいる
やはり
逆の意味の特別感を
どう演出するのかを熟慮することになる


ーーーーーー
メモ


縁を切りたくても
いい顔をせざるを得ないことはままある


紛争の根底には
様々な事情がある


縁を切れれば
紛争はなくなる


けれど
それはできない

悩むことになる


損をしてでも
縁を切る


これが
なかなかできないことらしい


縁を大事にしてしまうのが
人間の性なのでしょうか?
苦悩しかもたらさない縁まで
時に大事にしてしまう


縁を大切にする貴い心根
これを
複雑に眺めることがある



ありがとうございます


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。